離乳食の進め方【一覧表あり】★1日目から15日目★

離乳食
この記事は約3分で読めます。

離乳食の進め方は、ちょっとずつ増やしていくというのが基本なのですが、どうやってちょっとずつ増やしていくのか、わかりづらいですよね。

離乳食1日目は何を与える?

厚生労働省の授乳・離乳の支援ガイドには、下記のように書かれています。

離乳の開始は、おかゆ(米)から始める。新しい食品を始める時には離乳食用のス
プーンで1さじずつ与え、子どもの様子をみながら量を増やしていく

授乳・離乳の支援ガイド(2019年改定版) 厚生労働省ホームページ
こあき栄養士
こあき栄養士

1日目はおかゆから始めますが、おかゆは、なめらかにすりつぶしたお粥(裏ごしした10倍粥等)を少量から始めます。回数は、1日1回。

はじめての食品は病院のやっている時間に与えるようにしましょう。

こあき栄養士
こあき栄養士

離乳食用のスプーンで1さじずつというのは、与え方のことで、子どもの様子をみながら量を増やしていくという方は、1回あたり赤ちゃん用のスプーン1から小さじ1くらいの間の量を指します。進め方の一例にのせたスプーンは、すべて「小さじ1」の量で表しています。

ゆうママ
ゆうママ

小さじ1って、料理に使う小さじのこと?

こあき栄養士
こあき栄養士

そうです。料理用の小さじ(5cc)です。 小さじ1は、赤ちゃん用のスプーン2、3杯の量になります。

赤ちゃんの初めの1口には、個人差があります。赤ちゃんのペースに合わせましょう

初めから食べの良いお子さんは、赤ちゃん用のスプーンで2,3さじ=小さじ1くらいの量まで食べさせることができます。

逆に、食が細いお子さんや、アレルギーが出たら心配な食べ物は、赤ちゃん用スプーン1さじからにすると良いでしょう。

離乳食2日目から7日目はどうする?

一例として、進め方の見本を図で表してみました。

離乳食の進め方 一覧表(1日目から15日目)

離乳食8日目から14日目はどうする?

ゆうママ
ゆうママ

10倍がゆの裏ごしを、だんだん増やして、次は 野菜をプラスしていくのね!

慣れてきたらじゃがいもや人参等の野菜、果物、さらに慣れたら豆腐や白身魚、固ゆでした卵黄など、種類を増やしていく。

授乳・離乳の支援ガイド(2019年改定版) 厚生労働省ホームページ
こあき栄養士
こあき栄養士

おかゆを始めて1週間くらいしておかゆに慣れてきたら、野菜の裏ごしをプラスしてみましょう。

ゆうママ
ゆうママ

野菜の種類は何でも良いのかな?

こあき栄養士
こあき栄養士

野菜は、繊維が多く消化の悪いもの、辛いものはやめておきましょう。

この図にあるような、普段よく家で使う野菜からスタートすると良いです。

野菜は、だんだん2種類や3種類にして、量だけでなく、種類も増やしていきます。

その中でも、始めての食品は1日1品になるようにするとアレルギー症状が出た時に原因わかりやすくなります。

離乳食15日目以降はどうする?

ゆうママ
ゆうママ

2週間後には、お豆腐も始まるのね。

こあき栄養士
こあき栄養士

この図のように、順調に量が増えて、野菜も食べられるようになってきたら、次はお豆腐(絹ごし豆腐)を加熱して、すりつぶしたものを与えると良いでしょう。

こちらは、あくまでも一例なので、進め方は赤ちゃんのペースに合わせることが大事です。

ゆうママ
ゆうママ

きっちり日数で進めなくてもOKなのね。

野菜をなかなか食べてくれなかったら、豆腐はもう少し先延ばしにしてもいいのね。

16日目から30日目の進め方は、下記の記事からつづきをどうぞ↓↓