離乳食の進め方【一覧表あり】★16日目から30日目★

離乳食の進め方 一覧表16日目から30日目離乳食
この記事は約4分で読めます。

離乳食の進め方【半月たった】(16日目から)は食材を増やしていく

離乳食の進め方、16日目から30日目は下記の表のように続けていきます。離乳食の回数は引き続き1日1回です。

食べさせる時間帯は、アレルギー反応が出た時のことを考えて、病院がやっている時間にしましょう。

離乳食の進め方 一覧表16日目から30日目

野菜の量や種類を増やしつつ、絹ごし豆腐塩抜きしたしらす、その他白身魚(たい・ひらめ・かれい・たら・鮭等)をつぶしてなめらかにし、たんぱく質を取り入れていきます。

ゆうママ
ゆうママ

しらすはどうやって塩抜きするの?

こあき栄養士
こあき栄養士

しらすを、茶こしにいれてお湯をかけるか、沸騰した鍋で軽く茹でてからザルにとると良いですよ。つぶしてから、お粥に混ぜて食べさせると良いでしょう。

ゆうママ
ゆうママ

ひらめ・かれい・たらなんて、買ってもどうしたら良いかわからないわ・・・

こあき栄養士
こあき栄養士

最初はベビーフードの白身魚を使ってもいいですよ。鯛の入ったお刺身用を一切れ使うとか、骨がないものを選ぶと楽です。調理の仕方はまた違うところでお伝えします。

だし汁も利用してみる

昆布やかつおの合わせだしは、旨味が強く、葉物野菜のような味気ないものを食べてもらうのに利用すると、赤ちゃんが良く食べてくれるようになります。

また魚のすりつぶしをだし汁や片栗粉でとろみをつけてあげると、パサパサにならず、おいしくお魚をたべることもできます。

いも・食パン・果物も食べてみる

さつまいも、じゃがいもなどは、おかゆを少し減らして、野菜と一緒に煮てみましょう。

いも類は、エネルギー源となる主食=おかゆの代わりになります。

食パンは、小麦粉でできていますので、小麦を試す意味でもパンがゆも始めてみましょう。パンがゆは食パンを細かくちぎって、だし汁や粉ミルクと加熱し、トロトロにしてから食べさせます。

果物は、少量のうちは、野菜として使ってもよいですが、多くなってきたら野菜の代わりにせず、デザートの位置づけで食べさせると良いです。先に見せてしまうと欲しがるようになるので、食事がおわったら出してあげると良いでしょう。

こあき栄養士
こあき栄養士

旬のフルーツが良いですね。バナナ、リンゴは手に入りやすいですが、アレルギー反応を起こす場合もあるので、1口目から喜んで食べてくれたとしても多量には与えず、少量から始めるようにしましょう。

また、南国フルーツもアレルギー反応を起こす場合があるので、気をつけましょう。

卵は、固ゆでにしたゆで卵の卵黄からはじめる

ゆうママ
ゆうママ

卵をはじめても良いの?アレルギーが心配で・・

さらに慣れたら豆腐や白身魚、固ゆでした卵黄など、種類を増やしていく。
離乳が進むにつれ、魚は白身魚から赤身魚、青皮魚へ、卵は卵黄から全卵へと進め
ていく

授乳・離乳の支援ガイド(2019年改訂版) 厚生労働省ホームページ

食物アレルギーの発症を心配して、離乳の開始や特定の食物の摂取開始を遅らせても、食物アレルギーの予防効果があるという科学的根拠はないことから、生後5~6か月頃から離乳を始めるように情報提供を行う。

授乳・離乳の支援ガイド(2019年改訂版) 厚生労働省ホームページ
こあき栄養士
こあき栄養士

卵は、始め方をきちんと守れば、生後6カ月頃から始めて大丈夫です。

全卵からではなく、ゆで卵の卵黄から始めてみましょう。

こあき栄養士
こあき栄養士

ちょっと安心したわ

ゆで卵は、沸騰したら中火で20分間加熱します。水にとって皮をむきます。

卵は、加熱するとアレルゲンとなるたんぱく質が変性して、アレルギー反応を起こしにくくなる為、良く加熱します。また、卵白に含まれるたんぱく質に反応を起こす方が多いので、卵黄から離乳食に使っていきます。卵黄1個にも卵白約1gのたんぱく質が含まれているので、少量からにしましょう。

固ゆでした卵黄を、お湯やだし汁などで伸ばし、スプーン1さじから始めるのが良いでしょう。